谷太郎川 釣行記録 2018

2018年9月15日Fishing, 東丹沢

今回は8月中盤の暑い中、谷太郎川上流域に釣行した際の記録となります。

ページ内では画像を水彩風のイラストにしていますが、クリック及びタップで実写になりますのでご興味のある方はご確認下さい。

遡行図はこちら » 谷太郎川上流遡行図

知名度は高いながらも渓流釣り場としてはマイナーな谷太郎川

主に唐沢峠や三峰山を水源とし、かつては湯出川とも地元では呼ばれたこの谷太郎川も大山周辺の渓流群の一つである。

また、大正期における震災の影響を受けることが少なかったと伝えられている。

それゆえに在来のヤマメ、あるいはそれに近いものが生息していると、しばしば県内の渓魚ファンにささやかれているところではある流れの一つではあるのだがどうなのだろうか。

本流である相模川水系中津川の支流小鮎川も柿木平川など渓魚が生息してはいるが、明確な放流もされてはおらず、小鮎川水系に漁協(厚木観光及び相模川漁連)の手が入っている渓流釣り場としては、谷太郎川一択といってよいだろう。

漁協の放流に加えて、出水による老舗の谷太郎川渓流釣り場や下流のリバーランド(キャンプ場)からの供給もあり、小鮎川出合までの下流は意外に魚影は濃い川と言る。

最下流は民家の中の二面護岸で落差が少ないなど、趣に欠ける箇所もあるが、以遠は渓相も良くビギナーにはおすすめの渓流釣り場といってよい。

とはいっても、今回は放流魚頼みの数釣りを狙うのもハイシーズンも過ぎた季節柄なんともお粗末か。

このような趣向から今回は谷太郎林道終点から最上流の不動沢あたりまで歩いてみようということになったわけである。

最上流域である不動尻付近までの入渓は、厚木市七沢の広沢寺温泉先の二の足林道を経てショートカットする方が手っ取り早いのだが、二の足林道ゲートから徒歩を強いられる。

今回は時間もあることとし、直近の探釣を兼ねて竿を出しながら遡行することにしたのである。

さて、駐車スペースが5,6台ある谷太郎林道終点から遡行はじめるが、趣のある古い堰堤と程良い大岩がなんともノスタルジックで悪くない渓相を見せてはいる。

さすがにこの周辺はアタリが遠いので、クサリ場などもあり少々危険な雰囲気にさせる左岸に続く登山道を不動尻までの中間地点まで歩き数か所の堰堤間を飛ばすことにする。

ところで、入渓してすぐの登山者用の道標に「谷太郎沢」とあり、近年上流域においてはこの名称になったのであろうか。

こういった現地における名盤や道標と国土地理院地図の明記に違いがあるのも赴いた際の発見として楽しい。

さてさて、林道終点から遡行し、途中はそれほど新しくはない大堰堤が程よく連続しているが、おおむね平凡な流れとなっており、さほどの魅力は感じられない流れであった。

ついつい、ボクなどは竿を出さないことが多いこういったポイントではあるのだけれど、堰堤下のプールなどに意外なモンスターが潜んでいる可能性も高い。

実感としては、二の足林道が近づき一の橋が渡るまでは適度な大岩や堰堤などと好渓と感じ、型はいまいちながらも数尾のヤマメとイワナを釣りあげていた。

さすがに温厚な流れの谷太郎川といえども一の橋、二の橋と連続するあたりからは、核心とも言えそうな渓相を見せはじめ、舐め滝や巨岩織りなす小滝の連続など源流派にも納得させる流れになってくる。

アブラハヤ交じりの子気味良いアタリを聞きながら、やがて旧不動尻キャンプ場跡地に差し掛かったころには鉄堰堤など小型の堰堤が連続する小渓になり、深沢との二股に達し、水量のある左又の白滝沢へ。

不動尻以遠は白滝沢と深沢の二股となっており、白滝沢と右股の深沢の水量は、およそ6:4ほどで本流筋は白滝沢だと思われる。

正直言って、このあたりに差し掛かるとさらにといった感じで堰堤が連続するので、好みによっては優劣しがたい流れではあると思う。

必ずしもこれらの堰堤下にプールが形成されているわけでもないので、大場所を好むアングラーは参考までに。

堰堤の高巻きを繰り返し、しばらく遡行すると滝が見えてくるが、これが不動滝。ここまでは小型ながら在来に近いのではないかと思われるヤマメが数尾顔を見せる。

この白滝沢は不動滝を超えてしばらくすると古い堰堤があり、ここまでは魚影はなくどうやら不動滝が魚止めとなっているらしい。滝の上も一枚岩で形成された小滝が続く。

この滝は下からは確認できないが、2条7x10mの滝となっており、流れもナメ床の岩盤が多く魚の生息を考えるとやや難しい印象。

さらにその先の源頭は多数の湧水を集めて急に水量を増すといった流れで水量も激減する。

いずれにせよ、釣り場としてはここまでで、この不動滝以遠については渓魚の存在がかなり薄いと判断したほうがよろしかろう。

渓流釣り場としての谷太郎川

小鮎川水系で唯一、渓流釣り場として認知されている谷太郎川だが、標高が低く落差の少ない河川の割には水質や川床の状態が良い美渓としても知られている。

下流域からマス釣り場までは、こぼれマスや民家などが気になる半面で、放流も行き届いているようでビギナーにおすすめの渓流釣り場といえそうだ。

一方で林道終点から以遠は適度な堰堤と本格的な渓相、イワナ・ヤマメの混生でそれほどの型は望めないものの、ベテランでも楽しめる。

入渓において注意点としては、この谷太郎川もヤマビルの多発地帯なわけで、それなりの対策が必要な点が難点ではあるが、タイミング次第では一発大物も十分に狙える懐を構える流れではある。

付け加えるなら、二の足林道が合うころからは小型が多いものの、コンディションの良い在来系?ヤマメがみられ、小渓としてはまずまず楽しめたというのが印象として今回の釣行に残った。

二の足林道から上流部へのアクセス

じつは、この日以外にも今季、何度かここには釣行を重ねている。

最上流部だけに的を絞るのなら、厚木市側から二の足林道を使い入渓することもできるのでご紹介しておきたい。

厚木市七沢の広沢寺温泉入り口から、管理釣り場と川料理の「ますや」を過ぎると二の足林道となるが、途中にゲートがあり、3台ほどの駐車スペースがある。

これに駐車して、ゲートを進むと山神隧道(トンネル)を経由、ゲートから40分から1時間ほどで谷太郎川にかかる「一の橋」に到着する。

渡って右側に谷太郎林道終点から続く登山道が見えるが、林道終点からこの登山道を歩いてきてもほぼ同程度の行程となり、登山道か舗装林道を歩くかは好みによるといえる。

ただ、途中のポイントで竿を出しながら一日をかけて釣り上がるには谷太郎林道を使ってのアクセスをお勧めしたい。