本種は、山地の草地などに見られるバラ科ワレモコウ属の多年草です。

相模の野と山の花 ワレモコウとは

草丈40〜100cmで、秋に茎を伸ばし、その先に暗紅紫色で、穂状の可憐な花を咲かせます。

近年では、歌謡曲の題材にも取り上げられているノスタルジックな印象と外見をもつ植物です。

一説によれば、和名の漢字表記には「吾(われ)もこうありたい」との思いをこめて名づけられ、吾亦紅の他にも「我吾紅」、「吾木香」、「我毛紅」などが複数あるようです。

また、民間薬として、古くからこの根を掘出し、下痢止めや、傷の止血、やけどの薬として利用されています。

waremokou02

学 名 Sanguisorba officinalis L.
和 名 吾亦紅
科目名 バラ
属 名 ワレモコウ
分 布 北海道・本州・四国・九州
生育地 山野の草地
分 類 多年草
花 期 8〜10月
花の色 暗紅紫色
高 さ 40〜100cm
別 名 ダンゴバナ(団子花)、ジユ(地楡)