ウツギ

夏の花, 春の花

本種は日当たりの良い山野にみられるアジサイ科ウツギ属の落葉低木です。

相模の野と山の花 ウツギとは

本来、卯月は旧暦4月を指すが、この卯の花が咲く季節から、卯月と名付けられたとされるが、これには逆説もあり、卯月のころに咲く花という意味から「卯の花」とする説もある。

また、茎が中空のために空木(うつぎ)と呼ばれるようになったともいわれているようです。

樹高は2~4mになり、樹皮は灰褐色で、よく分枝する。

葉の形には変化が多く、卵形、楕円形、卵状披針形になり、”マルバウツギ”などと呼ばれるものもある。

八重咲きなどもあるが、細長い花弁が5枚がふつうです。

また、畑の生け垣にしたり、観賞用に植えたりされているので人里でもよく見られます。

学 名 Deutzia crenata
和 名 空木
科目名 スイカズラ
属 名 ウツギ
分 布 北海道(南部)・本州・四国・九州
生育地 日当たりのよい山地・庭木
分 類 落葉低木
花 期 4月末〜6月
花の色 白色
高 さ 1.5m〜2m
別 名 卯の花(ウノハナ)