ウグイスカグラ

2018年6月27日春の花

本種は、山野などの日当たりのよい場所で普通に見られるスイカズラ科スイカズラ属の落葉低木です。

相模の野と山の花 ウグイスカグラとは

樹高2m前後。樹皮は灰褐色で、若い枝は赤褐色を帯びています。

葉は対生し、葉の長さ3〜6cm、幅は2〜4cmの楕円形〜卵形。

淡紅色の花を枝先の葉腋に長さ1〜2cmの細い花柄を出し、1個かまれに2個を下向きに咲かせます。

花冠は長さ1〜2cmの漏斗状で、先は5裂、裂片は平開し、長さ1〜1.5cmの楕円形の実は6月に赤く熟す。

学 名 Lonicera gracilipes var. glabra
和 名 鶯神楽
科目名 スイカズラ
属 名 スイカズラ
分 布 北海道南部・本州・四国
生育地 山野の日当たりのよいところ
分 類 落葉低木
花 期 3〜5月
花の色 淡紅色
高 さ 2m前後