ツリフネソウ

夏の花

本種は、沢沿いなどのやや湿ったところにみられるツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草です。

相模の野と山の花 ツリフネソウとは

草丈は50〜80cmほどで、茎はやや赤みを帯びて節がふくらむ特徴が見られます。

菱状の楕円形で細かい鋸歯がある葉は互生し、花は帆かけ舟を吊るしたような形をし、和名はこの花の形から名付けられています。

長さ1〜2cmの実は、熟すと刺激でホウセンカと同じように、種子を弾き飛ばします。

学 名 Impatiens textori
和 名 釣船草
科目名 ツリフネソウ
属 名 ツリフネソウ
分 布 北海道・本州・四国・九州
生育地 沢沿いなどのやや湿った山野
分 類 一年草
花 期 7〜9月
花の色 淡赤色
高 さ 50〜80cm
別 名 ムラサキツリフネ