丹沢で知っておくべきアマゴ分布の謎のこと

2018年6月28日Fishing, 東丹沢, 生物, 相模の歴史

一般的に本来の丹沢山地におけるアマゴ分布については、酒匂川水系、あるいは付近の小河川がヤマメとの分布境界線であると認識されているところではある。

丹沢山地のアマゴ分布

20160909_yamameしかし、昭和初期の釣り人達は相模川も分布地であったというのが周知するところであると、しばしば記述がみられる。

さらに丹沢を越え、多摩川源流にもアマゴの伝承を匂わせるものが少ないまでもあるのだが、ここでは一般的に考えられているところを考えてみたい。

釣り好きで知られる小説家 「井伏鱒二 1898-1993」 は「川釣り」のなかで、「桂川の山女魚は、どういふものか赤班点がなくて川鱒のやうにみえる」と書いているようにアマゴは確認できず、ヤマメのみであったとしている。

相模川上流の桂川にはアマゴの分布はなかったということになりそうだが、稜線を越えた笛吹川にはアマゴが多く生息していたことは当時から周知されている。

一つ、この分布問題に論じた文献がある。

大島正満著 昭和32年(1957)「桜鱒と琵琶鱒」は、“大島線”として(日本海側は説明を省く)箱根以西をアマゴの分布とし、酒匂川(鮎沢川)については御殿場市内で源流が近接する狩野川支流の黄瀬川から移動し生息を拡大していると記している。

酒匂川にアマゴの分布があったことは間違いなさそうである。

※大島正満(おおしま まさみつ、1884年6月21日 – 1965年6月26日)生物学者でサケ・マス類の権威。

道志川のアマゴ

それでは本当に相模川水系にアマゴの分布はなかったのか?

2014-12-17_20h57_1

あっけないものでこれについては、鈴野藤夫著 「丹沢釣り風土記」(1990)のなかでも県境の両国橋畔の「両国屋」先代らへの聞き取りによって、「大正~昭和に両国から神地までにアマゴとヤマメが、3対7と言う割合で生息していた。」と証言が記されている。

これによれば、遡上を阻む笹久根の大堰堤完成(昭和6年1931)といった時代以前にはすでに道志川本流筋には自然分布していたようである。

くわえて、支流である神ノ川についても長者舎(ちょうじゃごや)に関東大震災まで青年期を過ごしたという古老の証言でもアマゴとヤマメは混生していたと確認されている。

アマゴ分布北限についての昭和初期の学術的見解

当時、神奈川県内の一般人と言えば、アマゴとは赤班の見られる“ヤマメ”と一緒くたに呼ばれ、もちろん食べたり売ったりするには、ヤマメであれアマゴであれ、特に問題はなかったと想像されるところではあり、アマゴについて特に記録が少なくても仕方がないところである。

学者の論文なども聞き取りなどで済ましているも多いと疑いたくなるところもあるが、昭和5年(1930)「地理学評論」( 田中茂穂(たなか しげほ、1878年8月16日 – 1974年12月24日東京帝国大動物学教授) 中の「ヤマメ及びアマゴの分布境界線に就いて」の文中について、

「往時相模灘に両者の原種が混棲していた時代もあり得るわけであるから、相模灘にそそぐ河川には両者が入り混じっても良い筈である。

馬入川の一支流や酒匂川及び早川に朱點のあるものがあらはれると田中茂穂氏は報告しているが、予は未だにそれ等の河川でアマゴを見たことがない。

然し田中学士の目撃されたことに誤りがあるべき筈もなく、又然くあるのが自然的である。」

と、大島正満は記している。

このようにいささか曖昧ではある。

太平洋戦争もあり、その後論争はしばらく途絶えていたようだが、その後「日本列島産淡水魚類総説」昭和32年(1957)青柳兵司著や、「日本百科事典」小学館 昭和32年(1962)などでも同じく相模川水系の道志川がアマゴ分布の北限と明記している。

すでにモータリゼーションの普及は十分といえないまでも、現地調査は十分に可能な時代に入ってからのものであるので、確かではないだろうか。

前述の田中茂穂による論文内に「中津川以西函嶺に達するまでの・・・」などの記述がみられるほか酒匂川を飛越て、道志川のみに生息していたとも考えにくいが、今日に至るまでこの話題は少ない。

ちなみに比較的新しいものになるが、「酒匂川文化財総合調査報告書」昭和48年(1973)の「アマゴとヤマメの分布」によれば、すでに水系全域に分布が及んでいたと記載されている。

静岡・山梨県からの移植の可能性

2014-12-17_20h59_2

上の地図をご覧いただければお分かりのとおり、この地域は落差のない分水嶺となっており、大水などによっては容易に海を介さずにアマゴが酒匂川水系に進出できそうではある。

この酒匂川については、支流である鮎沢川など狩野川支流黄瀬川が御殿場市街で接しているため、とうぜんながら人為的移植の可能性は否定できないところであるし、文献等でもその影響は、かなり濃いものとして記されていることが多い。

だが、相模川上流の桂川については笛吹川より稜線を越え距離があり、考えにくく、道志川に及んではさらにといった印象を地理的に受けるわけで、おそらくは桂川についての裏付けはとれないものの、道志川のそれについては自然分布の可能性が高いものであったのではなかろうか。

今日となっては、有志によるゲリラ的な放流や管理釣り場の影響などもあり、どうでも良い話題かもしれないのだが、参考までに一アングラーの投稿としてとどめておきたい。

丹沢におけるアマゴの分布参考リンク

以下は、県による学術的な調査報告などと、大島博士による興味深い資料となります。

» 丹沢の渓流魚の危機 – 神奈川県農林水産情報センター

» [PDF] 丹沢山塊における渓流魚の分布について – 神奈川県農林水産情報 …

» アマゴ – 神奈川県レッドデータブック

» 大島 正滿:ヤマメ及びアマゴの分布境界線に就いて 地理学評論 Vol.6 (1930) No.7 P1186-1208_2