本種は、低地〜山地にみられるスイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木です。

相模の野と山の花 タニウツギ

樹高2~5mで、葉は長さ3~10mm、葉身は長さ4~10cm程度。

淡紅色または紅色の花を咲かせ、漏斗状の淡赤色の花はの先は浅く5裂しています。

谷などに多く自生していることにより和名がつけられています。

また、タニウツギの花が白色になったシロバナタニウツギ(白花種)もあります。

学 名 Weigela hortensis
和 名 谷空木
科目名 スイカズラ
属 名 タニウツギ
分 布 北海道(西部)・本州(中国以北の日本海側)
生育地 低地〜山地の沢沿いや崖地の斜面
分 類 落葉低木
花 期 5〜7月
花の色 淡赤色
高 さ 1〜3m