本種は別名を「ニオイコブシ」ともいうモクレン科モクレン属の落葉小高木です。

相模の野と山の花 タムシバとは

よく似るコブシに先駆けて白い花を開き、花弁は6枚、顎片は3枚で白く小さな花弁のように見えます。

コブシは大木に、タムシバは花の下に小葉がなく大きくもならないのが違いです。

tamushiba02

学 名 Magnolia salicifolia
和 名 匂辛夷
科目名 モクレン
属 名 モクレン
分 布 本州・四国・九州
生育地 尾根のやや乾燥した場所
分 類 落葉小高木
花 期 4〜5月
花の色 白色
高 さ 5〜10m
別 名 カムシバ、ニオイコブシ、サトウシバ