シラヒゲソウ

秋の花

本種は、亜高山の沢沿いの岩場や湿地などやや湿度の高い場所にみられるウメバチソウ科ウメバチソウ属の多年草です。

相模の野と山の花 シラヒゲソウとは

草丈は15〜30cmほどで、数個の長い柄のある根生葉をつけます。

花の直径は2~2.5 cm、5枚の花弁は卵形で長さは1cmほど、縁は糸状に深く切れ込んでいるのが特徴です。

以前はユキノシタ科ウメバチソウ属に分類されていましたたが、新設されたウメバチソウ科に分類されるようになったそうです。

花弁の縁が糸状に切れ込んでいる姿を髭に見立てたところから和名がつけられています。

学 名 Parnassia foliosa Hook.f. et Thomson var. nummularia
和 名 白髭草
科目名 ウメバチソウ
属 名 ウメバチソウ
分 布 本州・四国・九州
生育地 亜高山の湿地や岩場
分 類 多年草
花 期 8〜9月
花の色 白色
高 さ 15〜30cm