セイヨウノコギリソウ

2018年7月1日夏の花

本種は、ヨーロッパ原産の帰化植物で、道端などに野生化するキク科ノコギリソウ属の多年草です。

相模の野と山の花 セイヨウノコギリソウとは

草丈は60cm程度。

葉が細かい羽状複葉でノコギリのように見えるので、この和名がついている。

灰色がかった白色、または薄ピンクの小さな花が固まって咲きます。

観賞用としても庭先などに植えられ、ハーブティーにも利用されています。

学 名 Achillea millefolium
和 名 西洋鋸草
科目名 キク
属 名 ノコギリソウ
分 布 北海道・本州・四国・九州
生育地 平地・丘陵地の道端
分 類 多年草
花 期 6〜7月
花の色 白色・淡紅色
高 さ 30〜100cm
別 名 アキレア、ヤロウ