本種はやや湿り気のある道ばたや水田の畔(あぜ)などにごくふつうに見られるタンポポに似た花です。

相模の野と山の花 オオジシバリとは

茎は地をはって長く伸び、葉は長さ6~20cm、幅1.5~3cmの倒披針形~へら状楕円形で、ときに下部が羽状に切れ込むこともある。

花茎は高さ約20cmになり、直径2.5~3cmの黄色の頭花を2~3個つけ、他の花の花粉がもらえないと、花柱の先がクルリと反転して同花受粉する。

オオジシバリの葉はヘラ形、近縁種のジシバリの葉は卵型で見分けられます。

oojishibari02

学 名 Ixeris japonica
和 名 大地縛り
科目名 キク
属 名 ニガナ
分 布 北海道(西南部)・本州・四国・九州・琉球
生育地 平地・丘陵地の路傍
分 類 多年草
花 期 4〜10月
花の色 黄色
高 さ 5〜20cm
別 名 ツルニガナ(蔓苦菜)