丹沢の山菜 オオバギボウシ(ウルイ)

2017年12月16日山菜, 植物

渓流沿いの日当たりの良い湿った斜面などに生える多年草で、丹沢でも梅雨時期には薄紫の花を見ることができる。

食用にするのは若葉の丸まったものや葉柄で、葉柄だけは大きくなっても食べられます。

丹沢のウルイ

一般に山菜としてのオオバギボウシは、東北などでの呼び名「ウルイ」として知られているようです。

明るい渓流の崖や沢沿いなどに多く見られ、春先の葉が開かずにまるまっている若芽が旬。

葉は苦いので、茎の部分だけを食用に利用する。

猛毒のコバイケイソウとの混同に注意!

ただし、その若芽は、毒草のコバイケイソウと似ているので注意が必要です。


コバイケイソウ

コバイケイソウはバイケイソウとともに猛毒として知られ、葉柄(葉の下の白い部分)が無く、葉も硬く芽も大きいことなどでオオバギボウシとは比較的見分けは容易かと思います。

オオバギボウシ(ウルイ)の食べ方

刻んで味噌汁の具に。

茹でて冷水にさらし、ゴマ、ワサビ、マヨネーズなどの和え物に。

おひたし、一夜漬けなど。

独特のヌメリと歯応えがよく美味いですよ。

ウルイの花

丹沢でも渓流の岩場などで多く見られるウルイですが、7~8月に花を咲かせます。

可憐な姿は山の花としても見ごたえがありますね。