オニタビラコ

2018年6月30日夏の花, 春の花, 秋の花

本種は平地・丘陵地の道端や空地などに生える多年草で、春から夏にかけて長い花茎を出し、タンポポのような小さな花を咲かせます。

相模の野と山の花 オニタビラコとは

葉は地面近くに集中し、ロゼット(花紋板)状についている。長さ8-25cmほど、タンポポの葉のように羽状に裂けた複葉ですが、先端の小葉が丸く三角で大きいのが特徴です。

春から秋にかけて比較的長いシーズン開花するが、暖かい地域では真冬でも花をつける例もあるようです。

onitabirako02

学 名 Youngia japonica
和 名 鬼田平子
科目名 キク
属 名 オニタビラコ
分 布 北海道・本州・四国・九州・琉球
生育地 平地・丘陵地の空地
分 類 多年草
花 期 4〜10月
花の色 黄色
高 さ 10〜100cm
別 名