本種は、淡紅色の雄蕊(おしべ)が長く美しいマメ科ネムノキ亜科の落葉高木です。

相模の野と山の花 ネムノキとは

枝先に淡紅色の花が集まって咲き、マメ科に属するがマメ亜科に特徴的な蝶形花とは大きく異なり花弁が目立たない。

相模川や支流の中津川、酒匂川などの河川敷で多く見られます。

夜になると葉が閉じること(就眠運動)から、ネムノキと和名がついています。

学 名 Albizia julibrissin
和 名 合歓の木
科目名 マメ
属 名 ネムノキ
分 布 本州・四国・九州
生育地 河岸や原野
分 類 落葉高木
花 期 6〜7月
花の色 淡赤色
別 名 ネム、ネブ