ミツバコンロンソウ

春の花

本種は山地の渓谷などの落葉樹林の林床に咲く、アブラナ科タネツケバナ属の多年草です。

相模の野と山の花 ミツバコンロンソウとは

草丈10~20cmほど。

茎は直立し、上部に葉が互生した尖った3つの葉が特徴で、先は鋭く尖り、粗い鋸歯があります。

白いアブラナの仲間の特長である十字花を数個咲かせます。

学 名 Cardamine anemonoides
和 名 三葉崑崙草
科目名 アブラナ
属 名 タネツケバナ
分 布 本州(関東以西)・四国・九州
生育地 山地・渓谷・林縁
分 類 多年草
花 期 4~5月
花の色 白色
高 さ 10〜20cm