夏です。

日常の生活で、じつに気になる存在が「小バエ」。

しかし、よくよく観察してみるとどうも数種類いるようなので少し調べてみた次第です。

コバエの種類と特徴とは

いわゆるコバエとは、ハエの中でも2~3mm程度の小さなハエ類を「コバエ」としているようです。

ということで、やはりコバエという種類の昆虫は存在しませんw

それでは、参考までに家庭で見られる代表的な奴らを紹介してみます。

ショウジョウバエ

17404122780_d030b0fc6e_z

特徴:目が赤く、家庭の果物や野菜といった植物系の生ゴミに多く集まる。

花の蜜も好むようで庭の花などでも見られる。

出没場所:台所、生ゴミのゴミ箱まわり

ノミバエ

nomibae

特徴:動物の死骸や腐敗した肉系の食品に集まります。

動きが素早く、全体に黒っぽいのが特徴。

出没場所:台所のゴミ箱まわりや野外

チョウバエ

choubae

特徴:ハート形の翅をもつコバエで、下水道や配水管などのヘドロやコケなどに発生します。

全体的に毛が生えています。

出没場所:トイレ、浴室、アクアリュウム(水槽)など

クロバネキノコバエ

kurobanekinokobae

特徴:植木鉢や観葉植物に使う、培養土に発生。

全体に蚊のようなシルエットで黒っぽいのが特徴です。

どうでしょうか、よく家庭で問題になるコバエ数種類をまとめてみましたが、参考にしてみてください。