キブシ

2017年4月10日冬の花, 春の花

本種は山地に咲くキブシ科キブシ属の落葉低木です。

相模の野と山の花 キブシとは

花は4弁の釣り鐘型で春先の葉をつける前に垂れ下がった枝先にたくさんの黄色い花を付けます。

樹高は通常は3m程度、ときに7mに達するものもあるようです。

キフジとも呼ばれる日本固有種で、雌雄異株の特徴があります。

学 名 Stachyurus praecox
和 名 木五倍子
科目名 キブシ
属 名 キブシ
分 布 北海道(南西部)・本州・四国・九州
生育地 山地の斜面・疎林・谷沿い
分 類 落葉低木
花 期 2〜4月
花の色 淡緑黄色
高 さ 2〜4m
別 名 キフジ、マメブシ