本種は、山地の岩場に生えるアブラナ科ヤマハタザオ属の多年草です。

相模の野と山の花 イワハタザオ

草丈は20cm~40cmで、茎葉の形には個体変異があるが縁が切れ込むものが多く、柄がなく茎を抱き長楕円形。

花は茎の頭に白い4弁花を総状に付けます。

富士山の砂礫地に生育する「フジハタザオ (Arabis serrata)」の変種とされており、この仲間の同定は非常に難しいとされます。

丹沢で見られるものは「シコクハタザオ」(Arabis serrata var. sikokiana)が多いようです。

学 名 Arabis serrata var. japonica
和 名 岩旗竿
科目名 アブラナ
属 名 ヤマハタザオ
分 布 本州(東北 関東 中部)
生育地 山地の岩場
分 類 多年草
花 期 5〜6月
花の色 白色
高 さ 20〜40cm