menu
桜咲く山々.com

とある朴念仁が日々のあれこれを備忘録に綴る

伊勢沢(水沢川上流)釣行記録 2017

公開日:2017年06月05日 カテゴリー:釣りある記 タグ:,            

久しぶりに記録しておきたい釣行ができたので、今回の入渓をポストしてみます。

遡行図は、こちら » 水沢川上流伊勢沢遡行図

梅雨入り前の伊勢沢は渇水中、どう釣る?

この春からサンデーアングラーに戻ることを余儀なくされ、正直言って、土日の丹沢は釣り人のほうが多いのではないか?

と、いった具合に絶不釣(ぜっふちょう)…Orz

6月に入って、やっとという感じではありますが、ポイントも選べるようになり、向かった先は宮ヶ瀬水沢川の上流伊勢沢です。

画像左が奥野林道、右が伊勢沢林道に続くゲートになります。

伊勢沢という名のついた川は、道志川支流の神ノ川など何本かありますが、宮ケ瀬ダム湛水前には早戸川の支流であった水沢川の上流域です。

伊勢沢林道をしばらく歩くのですが、林道の延長も3961mとありますが、最上流までの流程は意外に長いんですよね。

ちなみに水沢川はの本谷筋は上流に行くにつれ、水沢川、伊勢沢、石小屋沢と名を変えて呼ばれるようです。

途中、林道から川床まで下降に100mほどもある場所が続きますが、今回はその手前のポイントから入渓しました。

案の定、ゴーロが続くあたりは伏流して部分的に流れが途絶えています。

もともと、明るい渓相ではないのでザンネンな風景もチラチラと。

しかし、伏流しないナメ床などに存在する窯状のプールなどには流れが復活しており、ヤマメの姿も見られます。

こういったポイントで気をつけたいのが、渇水期は意外なほど渕尻の開きに魚が出てきているということで、不用意に近づけば、さきに警戒されてしまいます。

できるだけ間合いを取って、アプローチしたいところですね。

22㎝位でしょうか、まずまずといったところです。

しばらく遡行を続けると、左岸から音見沢が出合い、やがてゴルジュ帯となり、チョットした小滝が…。

左岸のフィックス(渡しロープ)を頼りに巻くと、さらに高巻きを要する5~6mほどの滝が出現…Orz

これはかなり厄介で、少し大変でしたが、なんとかクリアー。

以遠もナメ床が多い、プール状の釜といったポイント主体になりますが、そこそこに釣れてきました。

余談ですが、今回はエルク・ヘアー・カディスを主に使い、シビアな魚はアント・パターンを使いました。

夏季ということで、テレストリアルでも特にアリには目がないようで、気難しいタイプにはこれで対応できました。

定番エルクでだめなら、アント系といった感じで、止水に近いクリアーウォーターでは特に効果的のようですね。

さて、そこそこといった釣果に満足するころ、完全に水枯れ、林道終点手前で脱渓。

このころには林道との落差は5mほどになっています。

さてさて、およそ4㎞の帰路に入りますが、道中はハクウンボクが満開でした。

途中、アサギマダラを2頭ほど見かけましたが、ザンネンながらスマホでの撮影はムリ。

優雅にヒラヒラと飛び去ってしまいますw

そんなこんなで、焼小屋沢橋を過ぎ…。

音見沢橋を渡り…。

しばらくすると、入渓地点。

今シーズン中には音見沢や焼小屋沢も歩いてみたいと思っていますが…。

約4㎞ばかり、一時間ほどの行程ですが、下り坂とあって足取りは軽く感じました。

冒頭の今回の遡行図をご覧いただければ、わかりやすいと思いますが、前回は入渓ポイント下流を歩いてみました。

結果はそれほど良いものではありませんでしたので、水温上昇と渇水で上流に刺しているのか定かではないといったところです。

画像でお気づきになられた方も少なくはないと想像しますが、ヤマメの魚体は八丁系のように完璧なものではなく、パーマークもランダムで多めの野趣あふれる感のある気がしたのですが、ボクだけでしょうか?

丹沢ではメジャーな釣り場ではありますが、このように在来種を予感させるところも、味のある釣り場でではないかと再確認した一日でしたw

まぁ、大正期の関東大震災の際には唯一、早戸川水系で残存のヤマメが確認できたと伝えられている川なので、わずかながらでも在来ヤマメの形態を残しているのかもしれませんね。

今回の水温は、およそ14℃とやや高めでしたが、似たような釣行の際の参考までに。

※ 後日、音見沢や焼小屋沢を歩いてみましたが、渇水期においてはショッパイ感じで、小ヤマメは多く目についたので年によっては期待できるかもしれません。

         

この投稿をシェアする

           
           
スポンサードリンク
Posted by Goro Sasaki

趣味や生活に関する情報を相模から発信する備簿録的ブログです。図鑑や壁紙などの配布もおこなっておりますので、お気軽にご利用ください。

   

ブログ内を検索

最近の投稿

2017年10月21日 フジアザミ
2017年10月14日 ツルニンジン
2017年9月30日 クサボタン
2017年9月24日 相模のアマゴ?

スポンサードリンク