本種は、雑木林などの樹間のひらけた場所に群生するユリ科チゴユリ属の多年草です。

相模の野と山の花 ホウチャクソウとは

草丈は30~60cmになり、先端に長さ2cmほどの花が1-3個垂れ下がって咲きます。

花の形がお寺の軒下に垂れ下がっている「宝鐸」に似ていることから和名が付けられています。

アマドコロやナルコユリに似ますが、これらはユリ科でホウチャクソウはチゴユリ科です。

一茎につく花数も少ないなど、花の付き方の違いから見分けは容易です。

学 名 Disporum sessile
和 名 宝鐸草
科目名 ユリ
属 名 チゴユリ
分 布 北海道・本州・四国・九州
生育地 丘陵地〜山地の林内
分 類 多年草
花 期 5〜6月
花の色 白色
高 さ 30〜60cm