桧洞沢(ユーシン)

2018年6月28日Fishing, 西丹沢

しばしば、どちらが本流でどちらが支流なのかで考えさせられることがあるが、河川法の解釈によれば、水量の優劣にかかわらず合流点で落ち込む側が支流にあたるなど言われもし、あいまいな点が多いものだ。

この沢もその典型ではなかろうか。一般にはユーシン渓谷のユーシンロッジ際を流れることからユーシン沢とされているが、神奈川県自然環境保全センターなどによれば、桧洞沢(ひのきぼらさわ)が本渓であってユーシン沢は枝沢ということになっているようである。

ただし、ロッジ裏手の橋にある銘板にも「ユーシン沢」と刻まれてはいるのだが。

檜洞沢(ユーシン)
流域データ
流域主方位 SE ( 154 °)
主流長 4.1 km
最高標高 1600.2 m
最低標高 716.1 m
平均標高 1184.5 m
流域平均傾斜 33.9 °
針葉樹林 2.3 %
道路延長 4.6 km 

桧洞沢(ユーシン)と渓流釣り

歴史的な広義でいうところの”ユーシン”とは、「涌深」「友信」「湧津」などと書き、檜洞沢出合附近を指す慣用地名である。

この一帯を古くは、「諸士平(しょしだいら)」と呼んでいたらしく、「諸士平の涌深を流れる桧洞沢」といったイメージでとらえるとこの複雑な沢名も理解しやすいのではなかろうか。

魚止め滝
つまりは近代に入ってから、ネームバリューにより「ユーシン沢」と本渓も呼ばれるようになったということのようである。

この桧洞沢は、丹沢でも最深部を流れる河川としては釣り人にとって、特に悪渓多き玄倉水系にあって癒されるほどゆったりとした景観を持つ。

だが、昨今は入渓にあたり玄倉林道のゲートが玄倉バス停付近まで後退、アクセスには、桧洞沢出合のユーシンロッジまで歩くこと2時間30分以上かかるようになってしまった(子連れで3時間)。

一時、青崩隧道を廃し、新トンネル工事のため数年間林道閉鎖といった要因もあり、魚影、植生ともにかなり復活した経緯を持つ。  

石英閃緑岩(白い火成岩)が作り出す、ユーシンブルーと呼ばれる美しい水色を持つのもユーシン渓谷の魅力の一つともいえる。

出合からの入渓となると思うが、すぐに砂防堰堤、これを過ぎると左岸の右手から入るユーシン沢出合の手前に4mの滝が存在する程度で遡行は楽。

檜洞沢上流
釣りはここまでとするのが無難だが、さらに遡行するならユーシン側は二段の12mほどの滝、本渓側は連続する滝場が同じような距離にあるので沢装備を怠りなきようにチャレンジするのも悪くはない。

ここまではイワナ・ヤマメの混生。以遠はそれぞれイワナのみとなり、繰り返しとはなるが遡行にはそれなりの装備とスキルが必要かと思われる。 

漁協も最近は、本来の生態に戻すという方針でイワナの放流は避け、ヤマメのみの放流ということだが、時折、檜洞沢でもそれなりのコンディションを持つヤマメが確認できるので、この付近でも成魚放流されているようである。

入渓地点まで健脚者で徒歩2時間30分以上、土日ともなれば朝から玄倉の無料駐車場がいっぱいになるほどのハイカー。

これをクリアーできさえすれば、美しい白い巨岩とブルーが織りなす景観の中で渓流釣りができるという素晴らしいポイントではあるので、ぜひ一度チャレンジしていただきたい。

追記として、本流出合付近にあるユーシンロッジについては現在も営業は休止となっているが、ボランティアの活動によって維持管理がなされている。

往時のまま施設は避難小屋としての機能は保たれており、(シーズン中のトイレ・電話・避難部屋の使用可)緊急時には心強い存在になっているので、万が一の際は利用させていただくとよいだろう。

酒匂川漁業協同組合

【ヤマメ、ニジマス、イワナ、アユ、他】 3/1~10/14

  • 日=1,500円
  • 年=12,000円
  • 現=2,500円