menu
桜咲く山々.com

とある朴念仁が日々のあれこれを備忘録に綴る

ヒメウツギ

公開日:2017年06月20日 カテゴリー:野と山の花 タグ:

本種は、日当たりの良い渓谷沿いなど、岩上などで見られるアジサイ科ウツギ属の落葉低木です。

相模の野と山の花 ヒメウツギとは

庭木や鉢植えなども見かける日本の固有種で、樹高は1,5mほど。

樹皮は灰褐色をし、長さ4~8.5cm、幅1.5~3cmほどの葉は対生し、狭卵形で葉の先端は長くとがり、縁は細鋸歯をしているなどの特徴が見られます。

枝先に狭い円錐状の花序をだし、やや下向きに白色の多数の花を咲かせます。

学 名 Deutzia gracilis
和 名 姫卯木
科目名 アジサイ
属 名 ウツギ
分 布 本州の関東地方以西、四国および九州
生育地 日当たりの良い渓谷沿いなど、岩上・崖など
分 類 落葉低木
花 期 5~6月
花の色 白色
高 さ 1.5m程度

Share

スポンサードリンク
Posted by Goro Sasaki

     

趣味や生活に関する情報を相模から発信する備簿録的ブログです。図鑑や壁紙などの配布もおこなっておりますので、お気軽にご利用ください。

ブログ内を検索

最近の投稿

2017年8月15日 ボタンヅル
2017年8月8日 オオカワヂシャ
2017年8月3日 イワハタザオ

スポンサードリンク