ヒカゲツツジ

春の花

本種は山や川原の岩場などに生えるツツジ科ツツジ属の常緑低木です。

相模の野と山の花 ヒカゲツツジとは

日陰ばかりに生えているわけではありませんが、和名のヒカゲツツジは日陰に多く生えることに由来します。

樹高は約1~2mで、クリーム色ないしは淡黄緑色の花を咲かせます。

学 名 Rhododendron keiskei Miq.
和 名 日陰躑躅
科目名 ツツジ
属 名 ツツジ
分 布 本州(関東以西)・四国・九州
生育地 山地の崖や岩の上
分 類 常緑低木
花 期 4〜5月
花の色 淡黄色
高 さ 1〜2m
別 名 サワテラシ