ヒゴスミレ

2018年7月5日春の花

本種は亜高山帯の草地にみられ、葉は5裂してさらに深く切れ込み、白色の花を咲かせるスミレです。

相模の野と山の花 ヒゴスミレとは

草丈は、5〜10cmほど。

葉に特徴が見られ、葉は3裂し、先端で5裂状となり、小葉はさらに細かく切れ込んでいます。

直径1.5cm〜2cmの花は白色で、まれに淡紅色。

全体的に「エイザンスミレ」と酷似するので注意が必要です。

神奈川県内でのヒゴスミレは裏(北)丹沢のみに分布するといわれ、ボク自身は、丹沢山や早戸川・奥野林道附近で観察したことがあります。

学 名 hylloides var. sieboldiana
和 名 肥後菫
科目名 スミレ
属 名 スミレ
分 布 本州(秋田以南)・四国・九州
生育地 日当たりのいい草地や林縁
分 類 多年草
花 期 3月下旬〜5月中旬
花の色 白色~桃色(ピンク)
高 さ 5〜10cm