ハゼラン

2018年6月30日夏の花, 秋の花

本種は、集落近くや道端などでみられるスベリヒユ科ハゼラン属の多年草です。

相模の野と山の花 ハゼランとは

明治時代に日本にもたらされた熱帯アメリカ原産の帰化植物で、午後の2~3時間ほどしか開かない径3mmほどの赤い5弁の花をまばらに咲かせる特徴があり、このために三時花(サンジカ)などの別名を持ちます。

草丈30cmほどで、花の後に2mmほどの赤い実をつけます。

繁殖力が非常に強く、各地で自生を広げているようです。

hazeran02

学 名 Talinum crassifolium
和 名 爆蘭
科目名 スベリヒユ
属 名 ハゼラン
分 布 帰化植物
生育地 集落近くや道端
分 類 多年草
花 期 7〜10月
花の色 赤色
高 さ 30cmほど
別 名 サンジソウ(三時草)サンジカ(三時花)ハナビグサ(花火草) 午時花(ゴジカ)ほか