ハナゼキショウ

2018年7月1日夏の花

本種は、関東以西の岩の多い渓流や沢沿いなどに咲くチシマゼキショウ科チシマゼキショウ属の多年草です。

相模の野と山の花 ハナゼキショウとは

草丈は10~30㎝ほど。

夏にややまばらな総状花序の白い花を咲かせる。

花茎には小葉があり、花被片は6枚で長さ3~4mmで雄しべは6本。和名はサトイモ科のセキショウに似ているところから付けられています。

ハナゼキショウは日本の固有種で、ほかにセキショウの名前がつく植物は別種でも多く注意が必要です。

学 名 Tofieldia nuda
和 名 花石菖
科目名 チシマゼキショウ
属 名 チシマゼキショウ
分 布 本州(関東以西、東北の一部)・四国
生育地 岩の多い、渓流や沢沿い
分 類 多年草
花 期 7〜8月
花の色 白色
高 さ 10~30㎝
別 名 イワゼキショウ