ハマニガナ

2018年6月30日夏の花, 春の花, 秋の花

本種は海岸の砂浜に生えるキク科ニガナ属の多年草です。

相模の野と山の花 ハマニガナとは

葉から長さ10cmになる花茎を伸ばし、直径2~3cmの黄色の花をつける。

葉質は厚く長い柄があり、葉の形はキクの葉状のものから、切れ込みのないものまで多様です。

hamanigana02

学 名 Ixeris repens
和 名 浜苦菜
科目名 キク
属 名 ニガナ
分 布 北海道・本州・四国・九州・沖縄
生育地 海岸の砂地
分 類 多年草
花 期 4〜10月
花の色 黄色
高 さ 10cm程度
別 名 ハマイチョウ