本種は、山地にみられるエゴノキ科エゴノキ属の落葉高木です。

相模の野と山の花 ハクウンボクとは

庭木や公園樹などとしても見られるが、樹高は、15mほどにもなり、樹皮は灰白色で滑らかで、葉は互生、10~20cmの円形をしている。

初夏のころ、枝先に総状花序を出し、白い花を多数下垂させ、花冠は5深裂。雄しべは10本、雌しべは1本。

花が咲いた姿を白い雲にたとえられたことから和名がつけられています。

学 名 Styrax obassia
和 名 白雲木
科目名 エゴノキ
属 名 エゴノキ
分 布 北海道・本州・四国・九州
生育地 山地・庭木
分 類 落葉高木
花 期 5〜6月
花の色 白色
高 さ 〜15m
別 名 オオバヂシャ