フサザクラ

2018年7月5日春の花

本種は渓流などの湿度の高い場所で見られるフサザクラ科フサザクラ属の落葉高木です。

相模の野と山の花 フサザクラとは

樹高は10〜15mほど。

葉の出る前に赤色の花が咲き、花弁は無く赤色の葯(やく)を付ける雄しべは垂れ下がります。

春一番に花が見られることからか、多くの地方名を持ち、県内では丹沢、箱根、小仏山地に多くみられます。

学 名 Euptelea polyandra
和 名 房桜・総桜
科目名 フサザクラ
属 名 フサザクラ
分 布 本州、四国、九州(日本特産種)
生育地 シイ・カシ帯上部からブナ帯の渓流沿い
分 類 落葉高木
花 期 3〜4月
花の色 赤色
高 さ 10〜15m
別 名 サワグワ、ヤマグワ、ナナカマド、ナナカマス、メメスギ