menu
桜咲く山々.com

とある朴念仁が日々のあれこれを備忘録に綴る

残酷なまでに英語が支配するフライフィシング用語

公開日:2015年06月12日 カテゴリー:未分類 タグ:,            

残酷なまでに英語が支配するフライフィッシング用語

はてさて、フライフィッシングは他の釣りから比べると、カタカナが多く、ベテランであっても頭をかしげてしまうような言葉が多いものです。

最後尾に西欧のフライタックルサイズと和サイズの換算表もあります。

» ア行へ
» カ行へ
» サ行へ
» タ・ナ行へ
» ハ・マ行へ
» ヤ・ラ行へ

» タックルサイズ換算表へ

フライフィッシング用語録

ビギナーのチョッとしたお役にたてればとまとめてみました。

ア行

 アイ  ティペットを結ぶリング状のフック部位の名称
 アウトスプール・リール  スプールリムがボディーのフレームを覆う構造のリール
 アウトリガー  フローティングインジケーターを使わない脈づりスタイルのニンフフィッシング
 アダルト  水生昆虫の成虫
 アップクロス  アップとクロスストリーム合わせた下流からななめ上流へのアプローチ法
 アップストリーム  下流から上流へのアプローチ法
 アトラクター  語源は引きつける。派手な彩色やキラメキ、動きなどで誘うフライなど
 アブドメン  水生昆虫の腹部
 イマ―ジャー  水中で羽化し浮上中、あるいは水面付近で脱皮中の水生昆虫の様
 イミテーションフライ  特定の昆虫や小魚などに似せた洋式毛バリ
 インジケーター  アタリをとるために使う目印やフライの視認性をよくするための部位の名称
 インスプール・リール  フレームの内側にスプールが収まっている構造のリール
 ウィング  昆虫の翅を模したフライの部位名称
 ウィングケース  水生昆虫の幼虫やサナギが翅を収めている器官
 ウェイテッド  オモリを使ったり、フライに仕込んだりすること
 ウェイトフォワード  先端の数フィートが太くなっているフライラインのテーパーデザインの一つ
 ウェーダー  立ちこみなどに使う魚釣り用の胴長靴
 ウェットフライ  沈めて使う洋式毛バリ。ニンフよりも抽象的な英国由来のフライ類
 ウエブ  鳥の羽(フェザ―)の根元に生える産毛状のファイバー
 ウルフパターン  スタンダードパターンを基本にマテリアルを羽から獣毛などに置き換え、視認性と耐久性を上げたヘビーなフライ。米国のリー・ウルフ氏考案
 エルクヘアー  北米のアメリカアカシカの毛

カ行

 カーフ  子牛。マテリアルではカーフテイルなど
 カーブキャスト  スラックラインキャストの一つで、曲がった形でラインを水面に置くキャスト法
 カーボン  ロッドなどに用いられる炭素繊維素材の一つで、グラファイトともいう
 ガイド  水生昆虫の成虫
 カディス  トビケラの総称。英国流ではセッジとなり同様
 キール  着水、使用時にフックポイントが上を向いているフライをキールフライと呼ぶ
 クイル  鳥の翼の羽。ターキークイル、ダッククイルなど
 グース  ガチョウまたは野生のガン(雁)
 グラス  ロッドなどに使われるガラス繊維素材
 イミテーションフライ  特定の昆虫や小魚などに似せた洋式毛バリ
 グラベルガード  砂などの侵入を防ぐウェーディングシューズ用のカバー
 クルージング  エサなどを求め回遊する魚の様子
 グレイン  小麦一粒の重さに基づく単位。フライラインの重さに用いられる
 クロスストリーム  流れを横切る形でのアプローチ法
 ゲイプ  フックの懐の部位、または幅
 コック  雄鶏(オスのニワトリ)のこと。コックネックハックルなど

サ行

 サーモンフライ  アトランティックサーモン用フライ。色彩など美しく、現代では美術的要素も多い
 サイトフィッシング  対象魚を目視した状態での釣り。見釣り
 サドルハックル  ニワトリの背中に生える羽
 CDC(シー・ディー・シー)  水によく浮くカモの尻の部分の羽
 シェニール  フライのボディーに使われる飾り糸状のマテリアル
 シャック  水生昆虫の抜け殻
 シャンク  マテリアルを取り付けるフライフックの軸の部分
 シューティングヘッド  ウェイトフォワードラインの先端部のみのようなロングキャスト用ライン
 シュート  一連のキャスト動作の最後にプレゼントを決める動作
 シューティングライン  シューティングヘッドの後ろに接続する細いライン
 シンクティップライン  先端の数フィートだけ沈むライン
 シンクレート  沈下速度
 シンセティックマテリアル  人工的に作られたマテリアルの総称。ダビング材、フロスなど
 スカッド  ヨコエビ
 スクイレル  リス(栗鼠)
 スタンダードフライ  トラディショナルなタイプのフライ。基本的なフライ
 スティルボーン  水生昆虫が水面で脱皮、または失敗して溺れる様子
 ステージ  水中の深度を分けた流れの表現(底、水面)。昆虫が変体をしていく段階も指す
 ストーク  鳥の羽(フェザ―)の芯
 ストーンフライ  カワゲラの総称
 ストマックポンプ  釣れた魚の食性を確かめるためのスポイト状の器具
 ストリーマー  主に小魚に似せたフライ
 スピナー  メイフライ(カゲロウ)の成虫
 スプール  リールの糸巻部分
 スプリットショット  ティペットに挟み込んで使うオモリ。ガン玉。カミツブシ
 スプリングクリーク  水源の多くが湧水で標高差の無いゆったりと流れる川
 スペント  水生昆虫が水面で翅を水に張り付かせてしまった状態
 スラック  糸フケ
 スレッド  フライを巻くために使われるボビンから繰り出される糸
 スロート  魚やフライの喉にあたる部分
 ソフトハックル  パートリッジ(山鳥)などに代表される柔らかな羽、またはそれらを使うフライ
 ソラックス  昆虫の胸部、またはフライのその部位

タ行 ナ行

 ターン  キャストの際にリーダー先までしっかり伸びきる様。ターンオーバー
 タイイング  器具(ツール)や材料(マテリアル)を使ってフライを作ること
 ダウンクロス  ダウンストリームとクロスストリームを掛け合わせたアプローチ。上流から斜め下流にプレゼントする
 ダウンストリーム  下流へのアプローチ
 タックル  釣り具と関連用品
 ダビング  タイイングの際にスレッドに素材を拠りつける作業
 ダブルテーパー  巻き返して使える両先端がテーパー状になった代表的なフライラインの形状
 ダン  メイフライ(カゲロウ)の亜成虫
 チャー  イワナ族の総称
 チョークストリーム  石灰岩地帯を流れるゆったりとした流れの川
 ディア  シカ(鹿)
 ティペット  リーダーの先端に付けるハリス
 テイルウォーター  ダム下の流れや掃出しの流れを指す
 ティンセル  金属的な光沢をもったテープ状のマテリアル
 テーパー  徐々に細くなったり、太くなったりする形状。ロッドテーパーなど
 テレストリアル  水生昆虫に対してアリ(蟻)などの陸生昆虫を指す。テレストリアルフライなど
 ドライフライ  水面に浮かせて使うフライの総称
 ドラッグ  ライン、リーダーなどが流れに引っ張られフライをも不自然な動きにしてしまう不具合
 ドラッグフリー  ライン、リーダーなどが流れの負荷を受けずに自然にフライが流れる状態
 ドリフター  主に川を流れる水生昆虫を指す。ドリフターをチェックするなど
 ドロッパー  ティペットに枝スをつけ二つのフライを同時に使うシステム。または枝バリのフライを指す
 ナチュラルドリフト  流れに同調させてフライを流す様。自然に仕掛けを流すこと
 ネイティブ  天然魚。野生化したものはワイルドと言う
 ネオプレーンフリー  米国のデュポン社の商標合成ゴム。ウェットスーツやウェーダーの素材などに使われる
 ノット  釣り糸の結び目。あるいは結び方

ハ行 マ行

 パートリッジ  キジ(雉)の仲間の山鳥
 バーブ  フックの返し
 バイス  フライを巻く際に用いるフック固定用の万力
 バッキングライン  フライラインを巻く前にした巻として巻かれる糸
 バックテイル  雄鹿の尾
 ハックル  主にフライに使われるニワトリの羽。もしくはフライの傘状の部位
 ハッチ  水生昆虫の羽化を指す
 バット  ロッド(竿)やラインの根元近くの太い部分
 パラシュートフライ  フックシャンクに対して平行にハックルが巻かれたフライ
 パラボリックアクション  負荷がかかるとバット(根元)からティップ(先端)まで全体が曲がる竿の調子
 PE(ピー・イー)  ポリエチレン。PEライン
 ピックアウト  タイイング中、フライからマテリアルを掻き出して自然に仕上げるテクニック
 ピックアップ  流したフライやラインを持ち上げ、回収する様
 ピューパ  昆虫の蛹(サナギ)の状態
 ファー  マテリアルのやわらかいもの。ラビットファーなど
 ファーストアクション  反発の早いロッドアクション
 ファイバー  ハックルであれば、軸から生える一本一本の羽毛の事
 フィーディングレーン  魚が捕食している流れの筋
 プール  淵やトロ場
 フェザント  キジ(雉)
 フェルール  継ぎ竿の連結部分
 フォーセップ  ハリ外しに使うプライヤーに似た道具。
 フォーリング  フライなどが沈んでいく様子
 フォルスキャスト  シュートせずにフォワード、バックキャストを繰り返すこと
 フラッタリング  バタバタと飛び立とうとするトビケラなどの動きを模した操作
 ブランク  棒状の未完成なロッド素材
 ブレイクライン  カケアガリ
 プレゼンテーション  キャストしてポイントにフライなどを落とすこと
 フロータント  フライなどを浮かせるために用いる
 ヘアズイヤー  野ウサギの耳。ニンフなどマテリアルに用いる
 ヘアスタッカー  マテリアルの束の先端をそろえるタイイング用器具
 ベイトフィッシュ  対象魚に捕食されている小魚
 ヘン  雌鳥(♀)
 ベンド  フックのカーブ部分
 フォール  キャストの際にラインを保持している側を引いて負荷をかけパワーを乗せるテクニック
 マテリアル  フライ製作用の材料
 マラード  マガモ(真鴨)
 ミッジ  主にユスリカを模した#18以下のフライ。もしくはユスリカ
 メイフライ  カゲロウの総称
 モノフィラメント  ナイロン単糸
 ミッジ  主にユスリカを模した#18以下のフライ。もしくはユスリカ

ヤ行 ラ行

 ヤーン  毛糸の事
 ラーバ  トビケラ、ユスリカなどの幼虫。またはそれを模したフライ
 ライズ  対象とする魚が水面に波紋を立てる様
 ラインメンディング  水面に落としたフライラインを持ち上げて置きなおすこと
 ランディング  釣れた魚の取り込み
 リアクションバイト  釣りの対象魚が食欲からではない反射的にエサを襲うこと
 リーダー  フライラインの先に継ぐテーパー状の糸
 リーチキャスト  シュート時点でロッドを傾け角度を付けて着水させるテクニック
 リードフライ  複数のフライをリーダーに付けた時に先端に結ばれたフライ
 リトリーブ  回収する意味。ラインを引いてフライに動きを付ける
 リブ(リビング)  昆虫の腹部の節などを表現する。あるいは螺旋に巻いてフライの強度を高める
 ルースニング  浮力のあるインジケーターを使ったニンフフィッシング
 ループ  キャスト中のフライラインが描くU字状の様
 レッグ  昆虫の脚
 レベルライン  テーパーの付いていないフライライン
 ロールキャスト  バックキャストなしに前方にラインを打ち返すテクニック

タックルサイズ換算表

f-f

inch=cmなど、F.F.で使われる一般的な換算表

長さ

 1インチ(in)  2.54cm
 1フィート(ft)  30.48cm
 1ヤード(yd)  91.44cm

重さ

 1オンス(oz)  28.35g
 1ポンド(lb)  453.59g
 1グレイン(gr)  0.0648g

ティペット太さ換算

 04X 直径0.015インチ 直径0.38mm 約 5.0 号
 03X 直径0.014インチ 直径0.36mm 約 4.5 号
 02X 直径0.013インチ 直径0.33mm 約 4.0 号
 01X 直径0.012インチ 直径0.30mm 約 3.5 号
 0X 直径0.011インチ 直径0.28mm 約 3.0 号
 1X 直径0.010インチ 直径0.26mm 約 2.5 号
 2X 直径0.009インチ 直径0.23mm 約 2.0 号
 3X 直径0.008インチ 直径0.20mm 約 1.5 号
 4X 直径0.007インチ 直径0.18mm 約 1.0 号
 5X 直径0.006インチ 直径0.15mm 約 0.8 号
 6X 直径0.005インチ 直径0.13mm 約 0.6 号
 7X 直径0.004インチ 直径0.10mm 約 0.4 号
 8X 直径0.003インチ 直径0.08mm 約 0.2 号
 9X 直径0.002インチ 直径0.05mm 約 0.1 号
 10X 直径0.001インチ 直径0.03mm 約 0.06 号

フックの表示

 2X Heavy  フックサイズが2段階上の軸の太さ
 2X Fine  フックサイズが二段階下の軸の太さ
 2X Long  シャンクサイズが二段階上の長さ
 2X Short  シャンクサイズが二段階下の長さ

         

この投稿をシェアする

           
           
スポンサードリンク
Posted by Goro Sasaki

趣味や生活に関する情報を相模から発信する備簿録的ブログです。図鑑や壁紙などの配布もおこなっておりますので、お気軽にご利用ください。

   

ブログ内を検索

最近の投稿

2017年10月21日 フジアザミ
2017年10月14日 ツルニンジン
2017年9月30日 クサボタン
2017年9月24日 相模のアマゴ?

スポンサードリンク