ボタンヅル

夏の花

本種は、山地や原野などにみられるキンポウゲ科センニンソウ属の落葉つる性半低木です。

相模の野と山の花 ボタンヅル

花は葉腋に多数付き花柱は長さ10mmで羽状、萼片は花弁状で4個あり十字形に平開します。

茎の基部が木質化し、葉は1回3出複葉、小葉は広卵形で鋸歯があります。

よく似たものにセンニンソウがありますが、葉が羽状複葉で雄しべが萼片より短く蕾の先が尖る特徴があります。

学 名 Clematis apiifolia
名 前 ボタンヅル
和 名 牡丹蔓
科目名 キンポウゲ
属 名 センニンソウ
分 布 本州・四国・九州
生育地 日当たりのよい山野
分 類 落葉つる性半低木
花 期 8〜9月
花の色 白色
つるの長さ 2~4m