バイカツツジ

夏の花

本種は、山地のブナ帯から暖温帯高標高の岩場、または林縁などに生えるツツジ科ツツジ属の落葉低木です。

相模の野と山の花 バイカツツジとは

樹高は2mほど、幹はか細い印象を受けるものが多く、先端に輪生状に長さ2.5~5cmの葉を付ける。秋には黄褐色に紅葉し、散ります。

6月~7月かけて葉の下に咲く花は直径2cmほどで、花冠は5つに深裂し、花冠は白色からやや淡黄色をしています。

平らに開いた花は、普通のツツジの花とは違い、梅の花に似ることから和名がつけられています。

学 名 Rhododendron semibarbatum
和 名 梅花躑躅
科目名 ツツジ
属 名 ツツジ
分 布 北海道南部・本州・四国・九州
生育地 山地(一部、丘陵地)
分 類 落葉低木
花 期 6〜7月
花の色 白色から淡黄色
高 さ 2m