アセビ

2018年7月5日春の花

本種は山地の日当たりのよいところにみられるツツジ科アセビ属の常緑低木です。

相模の野と山の花 アセビとは

本州(東北より南)、四国、九州に分布し、樹高は1.5〜4mほどで、古木などは6m近くに達するものもある。

枝先に白い壺型の花を下向きに付け、葉は枝の先に集まって互生し、倒披針形で質は厚いのが特徴です。

和名の「馬酔木(あせび)」は、葉を「馬」が食べると毒に当たって、「酔」う様ににふらつくようになる「木」ということから付けられているようで、毒性(アセボトキシン)があり、昔は殺虫剤として用いられていたこともあります。

学 名 Pieris japonica Pieris
和 名 馬酔木
科目名 ツツジ
属 名 アセビ
分 布 本州(東北より南)、四国、九州
生育地 海岸から山地
分 類 常緑低木
花 期 4〜5月
花の色 白色
高 さ 1.5〜4m (6m近くに達することもあり)
別 名 アセボ