アケボノソウ

2017年1月5日秋の花

akebonosou01

本種は山地や草原の湿地などに見られる2年草です。

葉は卵形または披針形で3主脈が目立ち、茎は高さ60~90cmで直立、茎頂で枝を分け白色の花を咲かせます。

花は白色で5裂する。花弁の先端に暗紫色の斑紋がある。葉は卵形または披針形で3主脈が目立のが特徴。

花弁は深く切れ込んだ星型で、花弁の先に緑色の斑点があります。

akebonosou02

学 名 Swertia bimaculata
和 名 曙草
科目名 リンドウ
属 名 センブリ
分 布 北海道・本州・四国・九州
生育地 山地や草原の湿地
分 類 1〜2年草
花 期 9〜10月
花の色 白色・淡黄色
高 さ 60〜90cm
別 名