menu
桜咲く山々.com

とある朴念仁が日々のあれこれを備忘録に綴る

アカショウマ

公開日:2017年07月23日 カテゴリー:野と山の花 タグ:

本種は、初夏から夏のやや明るい林床などでみられるユキノシタ科チダケサシ属の多年草です。

相模の野と山の花 アカショウマとは

草丈40~80cm。

地下に太い根茎があり、葉は根茎から根生。3回3出複の葉で、葉の表面には毛はなく、小葉の縁は重鋸歯をしています。

この仲間は変異が多く、茎が赤くなることからアカショウマの和名がつけられてはいますが、必ずしも赤くはならないようです。

学 名 Astilbe thunbergii var. thunbergii
和 名 赤升麻
科目名 ユキノシタ
属 名 チダケサシ
分 布 本州(東北南部〜中国地方の一部)・四国
生育地 やや明るい林床、林縁
分 類 多年草
花 期 5〜7月
花の色 白色
高 さ 40〜80cm

Share

スポンサードリンク
Posted by Goro Sasaki

     

趣味や生活に関する情報を相模から発信する備簿録的ブログです。図鑑や壁紙などの配布もおこなっておりますので、お気軽にご利用ください。

ブログ内を検索

最近の投稿

2017年8月15日 ボタンヅル
2017年8月8日 オオカワヂシャ
2017年8月3日 イワハタザオ

スポンサードリンク