menu
桜咲く山々.com

とある朴念仁が日々のあれこれを備忘録に綴る

アサギマダラかと思いきや…

公開日:2017年07月30日 カテゴリー:Geo Sagami タグ:,

先日、裏の神社で散歩中になんと、アサギマダラらしき蝶がひらひらと舞っているじゃぁありませんか。

以て非なるものアカボシゴマダラ

アサギマダラといえば、標高の比較的高い場所に生息し、旅をする蝶で知られていますが、ボク自身も丹沢の深いところなどでしか見たことはありません。

そう、詳しい方はお気づきになっていると思います。

画像の正体は「アカボシゴマダラ」という似て非なる蝶々なのでしたw

アサギマダラと同じタテハチョウ科の蝶ではありますが、本来はベトナム北部から中国、台湾、朝鮮半島までに分布する(奄美に別亜種の固有種が生息)外来種で、国外から持ち込まれ生息を広げている典型的な外来種なのだそうです。

幼虫の食草はエノキで、大きさが40~50㎝程度。

もちろん、神奈川県内でも分布を広げつつあり、4~10月にみられるそうです。

同じように通勤時に前方を横切るタヌキらしきアライグマを厚木市の北部で見かけましたが、国内の外来種については日を追って増えている感じがしますが困ったものですね。

今話題の南米原産の「ヒアリ」など考えさせられます。

まぁ、今回は騙されてしまったというチョットした生物ネタでした。

Share

スポンサードリンク
Posted by Goro Sasaki

     

趣味や生活に関する情報を相模から発信する備簿録的ブログです。図鑑や壁紙などの配布もおこなっておりますので、お気軽にご利用ください。

ブログ内を検索

最近の投稿

2017年8月15日 ボタンヅル
2017年8月8日 オオカワヂシャ
2017年8月3日 イワハタザオ

スポンサードリンク